もんきーの育児記録

妊娠中に書いた妊娠ブログに引き続き 育児記録も付けていこうと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早くも2学期始まって1週間。

お弁当も給食も始まっていつものリズムに戻りました。
運動会の練習も始まり、組体操も徐々に演目を覚えていってるようです。

8月末には前にも言ってたお泊り保育。

園のいつものホールで泊まるけれど、
寂しさを思い出す暇もないくらい先生や園関係者の大きなお子さん他学生たちが
ずーっとみんなを楽しませてくれていた様です。

登園してすぐ、水遊びタイム。

天気にも恵まれたので水鉄砲かけまくり、ホースシャワーかかりまくり、
なぜかヨーヨー釣りもありw
出だしから絶好調に園児の心をつかむ先生達。

続いて工作タイム。
粘土でペン立てとランプカバー作ってきました。
何を作ろうとしたのか年長にしてやっとわかる様になって、
なかなかの出来です(^^)

その後夕飯に流しそうめん。
本当の竹を割り、ながーーーーく繋ぎ、
70名以上の園児が一斉に食らう。

写真で見ましたがみんな真剣な表情で食べてましたw

そうめんだけでなくフルーツなど変わったのも流し、
それがまた楽しかったらしい。
サイドメニューには唐揚げとゼリー。
子供の好きなものわかってるぅ~

さらにその後花火タイム。
手持ち花火はもちろんだけど、
園庭の端から端まで花火を繋いでナイアガラの滝もやったとか。
どこまでスゴイんだお手伝いの兄ちゃん達。

そのまままだ室内戻りません。
更に野外上映会。

大きめスクリーンを張り、
みんなで昔話を見たと。
外で大きなスクリーンでみんなで見れるなんてそりゃ楽しいだろう☆
コッソリ様子を見に行った友人が
「楽しそうな笑い声聞こえてたよ」とみんなに知らせてくれました。
去年は怪談系を見せたとか。。。
さすがにやめたらしい(^^;

1日目はそれで就寝。
おねしょが心配な子は起こすなど対応策も前もって説明されてたんですが、
そんな余地ないほどみんなバタンキューでおねしょもなかったそうな(^^)

2日目は6時に起床し
すぐに10キロのウォークラリー
リヤカーで飲み物や朝食を運び、途中の河川敷でみんなで青空朝食。
メニューはなんと牛丼。
重い。。。w
朝から食べないと子供はへばりやすいとの思いがあったらしいですが
おにぎりじゃダメなのか。なぜに牛丼w
娘は問題なく食べましたけどね。ええ。

朝食後にまた冷たいジュース貰い、
その後さらに中間地点でジュースもらい、後半ではアイス買ってもらい、
なんっつーー贅沢なウォーキングしてんだか。

娘は10キロくらいは元々歩けるし、
普段母にお願いしても渋られるおやつ類が先生はどんどんくれるんだもの。
娘にとってはパラダイス。
他の子も甘いものもらい過ぎて「アイスよりお茶が欲しい」という子までいたそうな。
そりゃそうだよ。
とどめには園に戻ったらご褒美のスイカ。
どんだけーーー

さすがに先生達もやり過ぎたと反省があったらしいですw

それに、親も朝差し入れ持ってきたり、応援に行ってもいいと聞いていたので、
おそらくこの時間ここに来るだろうポイントで待ってたんですが、
予定より早く出発し、30分は早く通り過ぎてたらしいです。
凍らせたゼリー持って1時間待ちぼうけは寂し虚しかったです(;´Д`A
意地になって復路でも待ち伏せて応援しましたw

そんな盛りだくさんなほぼ22.5時間。
娘はただただ楽しかったらしいです。
わずかな不安なんてどこへやら。
またお泊りしたいと自信をつけて帰ってきました。

どこかレジャー施設に行くとかより
よっぽど内容濃い時間だっただろうと思います。
安全第一で催してくれた先生達にも感謝。
スポンサーサイト
テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児
もう8月も後半Σ(゚д゚lll)

夏休みは色々予定入れれて楽しいんですが、
逆に毎日忙しく通園してる時期より疲れるっつーリズムに(;´Д`A

大阪への帰省もしたんですが、
今回は途中寄り道して滋賀県で1泊。

湖水浴したり琵琶湖クルーズしたり。

娘も息子も予想以上に楽しんでくれました。

娘は泳ぎたい気持ちはあるらしいんですが、
出来ないことが悲しいらしく
バタ足しては悔し泣きし
浮き輪にはいれば機嫌も良く
乙女心の変わり様に私もイラついてましたw

大阪のじいちゃんばあちゃんとは
和歌山のアドベンチャーワールドに出掛けました

去年赤ちゃんパンダが生まれたのを見に行くのが一番の目的でしたが
他にもイルカショーやサファリツアーや遊園地など、
遊ぶポイントは山ほどあり、朝からずーーーっとあちこちと見回り
帰ろうと言っても帰りたがらず大人はクタクタ。

肝心のパンダは可愛かったんです、すごく。
活発に動いて見応えもあるし。
けどほぼ1歳。動物の1歳は大きい(^^;;
赤ちゃんの愛らしさは~、、、、、。

散々見てふれあいタイムも終わっていくしもう時間も遅くなったので
最後気に入ったお土産を買ってもらいご機嫌で後にしました。

自宅に帰ってからはすぐ友人親子とBBQ!

女ばっかの子連れBBQでしたがみんな手際良く
変に男性に気を使う必要もなくw
呑んで食って喋って散々楽しみました。

空いてたのでウロウロし放題。
子供達も広い公園を自由に遊べて飽きることなく過ごせました。

その数日後もタイ人の友人を招いてタイ料理ばかりのランチ会。
辛かった!!けど美味かった\(//∇//)\
こりゃまたお酒が進むw
ただのココナッツカレー1つ見てもなぜか
私が作る日本風と仕上がりが違う。
煮込み感が違う。真似したいなぁ。

そのまた数日後に働いてる頃の仲良しな人達とBBQ!
超アウトドア達人と一緒に安心感たっぷりな準備。

小川もあるけど浅くて安心して子供達も遊べるし、
なにより山々に囲まれてて空気も美味しい☆

と、こりゃまた手際の良いみんななので
準備や調理はもちろん、各自持参した料理も
箸休めもあれば子供達も安心して食べれるものや
焼き物に飽きた頃に食べると嬉しい洋食など、もうバッチリ。
最後私の誕生日が近いのでとケーキも用意してくれました。
いい友人に恵まれたなぁと改めて感謝(*^^*)

そのまた数日後。
娘のピアノ発表会!

小さな教室で若い先生ですが、
発表の場をなるべく作ろうとしてくれて、
3回目の発表会にして初めての会場レンタル。

夏休みの平日ということで、
参加できない人がほとんどという
残念なことあありましたが、
娘はソロと同級生と連弾と2曲披露しました。

一丁前に緊張した様子だったのも成長を感じてまた良かったですw

出来もまぁまぁかな。
練習はサボったりムラはあったけど無難に仕上がったかな。
また冬あるのかわかりませんが、
まあ気持ち切り替えて次頑張らないと(*^o^*)

もうすぐここの町内のお祭りがあるし、
来週には夏期保育&お泊り保育があります。

お泊り保育は野外上映会や流しそうめんなど
普段出来ないお楽しみたっぷりだけど
夜何処かに娘だけで泊まるのは初めて。
「お友達がいるから大丈夫」とは言ってるけどちょっと不安そうですw

最悪は夜泣いて帰ってくるか。。。お漏らしか。。。
普段言葉にも出さず頑張る子なので、
変に不安が出ず楽しめたらいいんですが。
テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児
娘が富士山登頂してきました。

元々沢山歩かせたりと、結果足腰強く育ててる我が家。
ただ単に自分の力で歩きなさいってことからなんだけど、
娘がそこそこ負けず嫌いな根性も付いてきたので、
夫が娘を連れて今年は小さな山を何度か登ってたんです。

で、知らないうちに今年富士山行くぞと決意してた夫。

GW明け頃に急に言われた私の方が「早くない?」とビックリしたんですが、
現に登山を楽しむ娘と、
そこそこいいタイムで登頂することをふまえると
行けるんじゃないかと私も思えてきて、
ついに昨日今日と富士山へ出発しました。

朝早く出掛けて、到着した、今5合目で休憩中、出発します、6合目到着などなど、
途中経過のメールを貰う度に予想よりずいぶん順調な様子に
家で留守番してた私も余裕が出てきてw

始めは娘が頑張るから、留守だからって羽目はずさないぞーと思ってたけど、
7合目到着のメールを貰った頃に家の前で友人に会い、
公園で遊ぶと誘いを受けてウキウキと出掛けたりしましたw

息子は家で暇をしてたので喜んで友人と遊んでたんですが、
遊んでる最中もメールは来てて、
ペースが落ちてきた様子もメールの頻度からも感じてて、
心配しながらも友人が買ってきてくれたアルコールで
公園で乾杯なんぞしてみて少々楽しませて貰ったりw

我慢と願望の狭間で勝手に格好つけてましたが後半は完全に私も羽目外してました。

けど解散してからもメールは来てて、
やっとやっと8.5合目の山小屋に着いたという頃に電話がかかってきました。

娘の電話の声を聞くというのも滅多にないことで、
普段顔を見ながら聞く声よりずいぶん幼くて、
3歳くらいの子と話してる位の幼さに聞こえて
こんな小さな子が富士山の8.5合目にいるんだなぁ~と思うと
早くもよく頑張ったねって気持ちになってきて、
電話口で色々話して褒めるんだけど
電話が悪くて届かなくて「聞こえない」という言葉の後にブチッと切れるし。。。

モヤモヤしつつも息子とたっぷりすぎる睡眠を取った私ですが、
朝起きてすぐまたメール。
「ついたぁ」と。

P1010492-1.jpg


よっしゃーーーーー!

電話で喜び合い、色々声をかけたけれど、
やっぱり電波が悪いので早々にまた切れました。ガックリ

夕方帰ってきた2人に、ちょっとした私なりのご馳走で迎えました。


帰ってからも更に色々話を聞いてると
さほど手伝いもなくサクサクと歩けてたとのこと。
シーズン中なので登山道自体混んでたのでそれに疲れたと。
休憩する度に用意してたお菓子を食べて喜んでたとw

途中途中の写メも笑顔だったけど、
実際疲れてんのかと思ってた。

あげくには、もう頂上の鳥居に入るよーって声かけたら
「チョコ・・・」と呟いたと。
そんなに!?
ってか、そこ??

頂上でのご褒美で買ってたチョコレートをやっと食べれると思い出したらしい。
チョコパワー恐るべし。

そんなに頑張れるなら引き続き普段チョコは禁止やな。。。w

登山道では数え切れないくらいの人達に声をかけて貰ったらしく、
「何回5歳って言ったかw」と。
人見知りの娘も、その場限りの挨拶が苦手な娘も、
意外な面が鍛えられた様子。

笑って帰ってきて笑って感想を言ってたけど
きっと大変だったこともあっただろうに。
けどまた登りたいと言う娘。

ナイス!!

来年は家族4人で小さい山行こうね。

ちなみに登山に使う金剛杖に
すべてのポイントで焼印押してもらいました。
総額5000円也。
。。。。
記念にね。
前回の未就園児対象のイベントの2回目。
園庭での水遊びが先日ありました。

クーラーの入ったホールで着替えてみんなで園庭へ。

園児が使う少し大きなプールと、
数人が入ればいっぱいの小さなプール2つと、
玉入れポールにホースを繋げて噴水のようにしたものと、
とにかく水で遊ぼうぜと園側もフルセットで出してくれました。

息子はまず大きなプールへ。

オムツ取れてる子も取れてない子もごちゃまぜなのは
衛生面気にはなりますが、、、なんならみんなお尻洗うのかと思ってたから
驚きもしたけど、もうこの際気にしてると遊べないっ。
お尻つけまくりでみんなジャンジャン遊びました。

息子もスポンジオモチャを拾い集めたり
わざとお腹つけて冷たさを確認したり。
家で出来ない水遊びを大満喫。

シャワーの下でもきゃっきゃと大はしゃぎ。

参加して良かったw

みんながたーっぷり40分程遊び、
オモチャもそのままで良いとのことでお言葉に甘えてそのまま
着替えるホールに戻ると
冷たいカルピスを用意してくれるサービスも。

空腹に勢い付いてた息子は全力で水筒いっぱいに3回お代わりして
驚く程お腹膨らませてました。

あ、やっぱり一点。
ちびっ子たちが使った水はそのまま引続き
娘のクラスの子が使ったのを知って本音は嫌でしたが、
息子は大喜びだったし複雑でした。。。


で、今日は娘の学年の子達合同の水遊びの日。

水遊びをさせてくれたのは園の好意らしい。

今日も大きい子小さい頃みーんな一緒に遊びました。
園に元々あるオモチャも借りたけど、
各自持ってきてた水鉄砲なども合わせて
全員が思い思いに遊ぶには充分なおもちゃの量。

ウチの2人も目に留まるオモチャをどんどん触ってました。

が、ここでも気になる衛生面。

息子より小さい頃も水にはいるしオムツはもちろん
フルチンで入ってる子もいるしその水を口に含む子も。

。。。
楽しんでる2人に帰ろうと言ってももう帰らないのは分かってるから
目をつむるしかなし。
寒がったのでここぞと早目にプールからは出てもらいましたが、
ありゃあかん。バイキンだらけにしか見えないし。
けっして神経質ではない私でも気になったんだけど、
気にならない人は多いのかなぁ。

どうか数日後体調崩してませんように。
テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児
娘の園で、通園児の弟妹を対象に、ミニ幼稚園?が開催されました。

今まで保護者への講演会やストレッチ教室などはあったので、
それのオマケで保育してくれることはあったけど、
下の子対象の行事って初めてです。

とりあえずの1回目は今日。

上記の行事の時はいつも小さい子の保育を担当してくれる先生がメインで
手遊びなど教えてくれたので、
たぶん保育士さんの免許があるのかな?と勝手な憶測。

いつも園児に話しかけてる優しい声が
さらーーーーに赤ちゃん言葉に近くなりw
親でもそんな話し方しねぇよと思える甘甘な声で
お決まりの手遊びを色々やってくれて、
更に臨場感たっぷりの紙芝居も読んでくれて、
始めはこわばった顔だった息子も途中からずいぶん和んできました。

外では超がつくほど人見知りで小心者の息子。
そこも娘とソックリです。

途中折り紙沢山用意してくれて、
親子で七夕飾りを沢山作りました。

先生が色々見本を作って見せてくれたので、
それをまねて作るのはもちろん、
オリジナリティあふれる飾りを作る親子も多数。

息子は家ではなかなか触らせてもらえない糊を気に入り
あちこちにペタペタ。
真っ直ぐ貼るのは全然ダメだけど、
どう貼っていきたいかの意欲はわかる動作で、
ささやかながらも成長したなぁなんて。

でも途中からはナンデそこ切ろうとするねん!ってハサミを持ちだすし、
糊もグチャグチャになってきたので
私が折り紙をほぼ奪いw
さっさと完成させてしまいました。

その作業の後はクールダウンなのか、スクリーンでアニメを上映し、
帰りには小さな笹をみんなに配ってくれて解散。

やっぱ息子とほぼ同じ年の子達が集まるのは刺激しあえていいし、
初めての教室に親も良いリフレッシュでもありました。

園が終わって帰り道、隣のおばあちゃんが大量の笹を持って帰ってくるところに遭遇。
去年も頂いたんですが、今年も知人に貰ったとのことで、
我が家の分も貰ってきてくれた様子。

笹飾りをこんどは娘と3人で作り足して、
息子が貰った笹と合わせて家の外に飾りました。

今年の娘のお願い事は「おはなやさんになれますように」

去年より具体的になってきました。
お願いってどういうことかわかってきたのかしら。

実際はならないかもしれないけど、大きくなったらどうなりたいかって
イメージするのもきっと楽しいんだろうなぁ。

私はあんま先を想像しない子供だったので、
夢を見るってのもいいなぁと今でも単純に思います^^;
テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。