FC2ブログ

もんきーの育児記録

妊娠中に書いた妊娠ブログに引き続き 育児記録も付けていこうと思います。

寒い日が続いてたので、
娘のマフラーを作りたいと思いながら
やっと、やっと、短めですが、出来ました。

111121_2347~01

100均でで買った毛糸で。
思ってたより糸が細く、なかなか編みが進まなかったので、
1玉でとりあえず疲れたから綴じましたが、やっぱり短め。
まぁ、ごわごわしないしグルッと巻けるからいいかという気もしますが、
やる気がまた出たら足そうかと。

これで100円。やっぱ手作りは安上がりでないとやってられません。
今時服なんて買った方が安いから
作るのがバカらしくなるもの。

ちょっとダサイ子供達への手作り品でも今はまだ使ってくれるからいいけど、
そのうちこんなのイヤなんて言われて作らなくなるんだろうなぁ。


さてさて、発表会の衣装ですが、
完成して、後はリハなどで実際着て動いて
不具合があれば調整するのみとなりました。

恥ずかしいからなのかなぜかわからないけど
今更になって「他の曲にすれば良かった」なんて娘は言い出してますが、
本番欠席とか、それは困るので
少し持ち上げつつ、どうにか当日につなげたいところです。

衣装作りは、ミシンを持ってない人や
手芸に自信のない人もいるので、
協力できる人は一緒に作ったりするのが恒例なわけで、
私も少し手芸も慣れてるしミシンもあるしで、
自信のない2人のお世話係として何度か家に集まって
一緒に作ったんですが・・・
まぁ、ママ友関係?人間関係?色々ありますよね。

入園からの数ヶ月間で
あまり話さなかった=気がさほど合わない人 ってわけで、
2人のうち1人はまぁ天然ちゃんではあるけどまだ常識のある人で大丈夫。
問題はもう1人。

ここからぶっちゃけます。
けっこう最近ずっとモヤモヤしてるんです。

言葉は悪いけど、コミュニケーションを取るのが不得意な様で、
会話がうまくできず、考えてることがよくわからない。
臨機応変とか応用というのが出来ないようで、
指示をじっと待ち、自発的な作業がない。
「ここをこう切って」「こういう間隔で波縫いを」など、
1つずつ作業を説明しないとわからない。

手芸道具もそろってない。
足りないというのも言わないし気付いてないので、
すべて誰かのフォローの元作業を進めている。

結婚し、出産し、一人前の大人。一人前の親として
最低限これくらいは出来るだろうという予想にはまらない。

もう、なんというか、他人の私には申し訳ないがそこまでのお世話はやってられない。

おそらく今まで周りにそう思われてきたのかもしれない。
友達もいないと言っていた。
そう言って泣いてる姿を見たこともある。

もし友達になれそうであれば私で良ければという思いもずっとあったのだけれど
実際は予想以上だった。

迷って迷ってやめようかと思ったけれど、
このままフェードアウトするくらいなら
言ってみてダメならダメでいいかとも思い、
やんわりと私が気になった点をメールで話してみることにした。
次また家で作業することがあればその点反映してもらえればという気持ちから。

結果返事がない。

また今までと同じようなことを言われたと思ったのか、
嫌われたと思ったのか、返事をせず逃げたいと思ったのか、
どう感じたのだろうか。
気になるけど私にはこれが限度とも思う。

私はだからといって変な意識はしたくないので
朝挨拶だけは続けようとは思うけれど。
スポンサーサイト



テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児
お決まりのセールの日のお決まりのママ友会、
お決まりのフードコートでのんきに喋ってた金曜日。

鼻水結構出て夜寝苦しそうだったから耳鼻科行ってくるわぁ~
なんて悠長に言って会を途中抜けて耳鼻科に行ってみると

息子、中耳炎。

はぁぁぁ・・・・?

先生「熱あったでしょ?中耳炎38度は出るよ」

私「ぃぇ・・・なくて。眠くてちょっと暖かいかなぁって思う程度はありましたが。。。」

先生「耳触って機嫌悪いとか、サインあったでしょ。見逃しちゃダメだよ」

私「はぁ・・・耳触るとか特別機嫌悪いもなくて。。。」

サバサバ言う先生なのでまぁ慣れたんですが、
サイン見逃してダメじゃないかと怒られると
息子に申し訳ないと思うと同時に、
息子はあまりそういうサイン出す子ではないみたいでと
反論もしたくなるわけで。
ホントに鼻が詰まって寝苦しくて機嫌悪いですとしか思わなかったです。

友人の子も2人か3人か中耳炎繰り返す子がいたなぁと思い出して、
息子も2度3度やっちゃうのかと今から構えてしまいます。

すぐに切開して耳汁を吸ってもらい、
抗生剤など出て1日2日。劇的に回復してきました。
すごいもんだなぁ。
あの寝苦しい夜がウソみたい。

鼻水がひどかったから耳鼻科行ったけど、
小児科行ってなくて良かった。
気付いたらひどくなってただろうし。

息子はすぐ鼻水出してほぼ年中鼻の下カピカピさせてる様な。
外出もするしお姉ちゃんから貰うこともあるし、
風邪だけでなく鼻涙管や乾燥肌などなど何かと病院に行くことがある息子。
娘も1歳代は風邪を何度も引き毎月毎月病院に行った気がします。
これから冬本番だけど、息子もかなり病院にお世話になりそう。
けど、そのおかげで娘は体も丈夫になり幼稚園も今のとこ皆勤賞。
息子も同じく免疫強くなれば良いなと。

そう思わなきゃやってらんない。
テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児
今月から娘がバレエに通い始めました。

赤子の時から周りからなぜか言われ続けたバレエ。
細身の体型から思うのか、物静かさから思うのか、

娘の開脚→バレエ
お座りの姿勢よさ→バレエ
ミニスカ穿かすと→バレエ

どうも向いてると周りは思ってくれる様で、
そうおもって貰えるのはいいんだろうなと
私たち夫婦も何となく頭に残ってたんですが、
近くにスタジオもなく、踊りになるのかリトミックなのかナンダカンダと
理由は色々つけながらもまともに考えてなかったんですが、
先日散歩中にふと小さな貸しスタジオを割と家の近くで発見し、
毎週バレエ教室も開催されていると知りました。

開催されてる日に突撃で見学させてもらい、
そのまま体験教室を2回させてもらい、
他のママさんの口コミも参考にしつつ
とんとんと話は進み入会しました。

先生も優しい気さくな人だし、
人数はすごく少ないのでサミシイですが(全然知られてない様で)
同じ園の子もいるし、
何より娘が通う気満々になぜかなったので。

今までは月曜日YAMAHA~☆なんて鼻歌が、
金曜日はバレエ!アンパンマン!ドラえもん!給食!
と、4拍子も揃うスペシャルな金曜日が出来たことに
もうテンションアゲアゲです。

111121_1357~01
シューズは指定のものを買うんですが、
レオタードは何でもネットで適当に見つけて買って良いとのことだったので、
娘と何色が良いか相談し、
幼い今だけしか着れない色だろうという親の密かな思惑もあり(笑)、
マンゴー色にしました。
マンゴーというか・・・洗いすぎたみたいな薄いオレンジですが。

実際通い始めて、まだドタドタ感満載ですが、
白タイツにレオタードで鏡に向かってつま先延ばしてる姿は
馬子にも衣装的な、幼児体型ながらも可愛く見えるものです。

ずっと楽しんで通ってくれますように。
テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児
1年でおそらく最大のイベントの生活発表会が
来月頭に開催されるんですが、
それの準備がいよいよ始まりました。

園児達は歌と合奏・お遊戯の練習が始まり、
娘も家で歌ったり踊ったりして
楽しそうに早くもネタバレしてくれます。

で、そのお遊戯の衣装を親が作成するわけです。
これです、これ、これが親としても一番のイベントです。

曲によって担任の先生がイメージデザインをあげてくれるんですが、
それを元にどこまでを既製品で補えるか、どこまでを裁縫するか、
ここが大きなポイントです。

入園した当初から色々な話は出てたんです。
どれだけ準備するか、どれだけ大変か^^;
上の子で経験してるママさんからも過去どんなだったか
経験談をよく聞くこともあったし、
大変だった年や楽だった年など、その時々によってホントに様々だったらしく、
一様にみんな楽でありますようにと願っては笑ってたもんです。

今回の衣装。娘が担当するお遊戯はどちらかというと楽だと思う。
ワンピースを作り、帽子をモコッと作ってかぶせるだけなので。

けど男の子はベストに半ズボン作らなきゃいけないし、
他の曲の子はパフスリーブと王様マントや、
スカートの裾にレースを付けてなんていう手のかかりよう。

今時は裁縫しないママさんが大多数なわけで
半分悲鳴のような声が頻繁にあがってました。

作成期間はまだ余裕があるけど、
修正することも踏まえ、みんな出来るだけ早く作ってしまいたいのもあり、
幹事さん達が生地などを買い出しに行き、
来週にはみんなで集まって作り始めようということになりました。

なにげに合い言葉になるのが
「遠目だから雑でもわかんないよね」
うんうん、そうそう、みんなで安心感を共有しようw



さてさて、話は変わり、
前にぼそぼそとつぶやいたチマチマ作業。

111111_1045~01

動物マグネット、地味に追加です。
地味に追加して冷蔵庫に貼ってたら、
めざとい娘は朝から気付き、
「あれ?これなにぃ?お花?これは弟君の?」
時間もないのにごっこ遊びが冷蔵庫で行われてました。

前に開店したお店ですが、
やっぱりというか当然というか、誰も来ないので(笑)、
とくだん新作追加もしてません。
楽天とかでお店持つとか個人では激しく無理なので、
まぁ、趣味というのはこういうものかと。

ウチに来て子供が目について興味が出た子に
チラホラと配ったり、そんなもんです^^

マグネットはまた夜な夜なやるとして・・・
今朝、寒くて寒くて、こりゃ何か防寒しなきゃと
娘のマフラーを探したんですが、それがすぐに見つからない。
時間もないので弟のマフラーを急遽使いましたが、
あったといえど曾祖母ちゃんが作ったマフラーだったので、
まぁ、これも近い内に作っても良いなと思いながら・・・
・・・毛糸用意するのはいつのことやら。
テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児
一時はまってたホットケーキにチョコペンお絵かき。
しばらく忘れて作ってませんでしたが、
買い置きしてたチョコペンの賞味期限がすごく近いことに
ギリギリ気付いた先日。
娘と一緒にクッキング。

111103_1454~01

お花・メロンパンナ・アンパンマン・・・コップ。らしいです。


最近お手伝いがブームの娘。

大変大変ありがたいのですが~・・・面倒。

今までのお箸並べるのとか、材料をしまうとか、
キッチンに入らないお手伝いは大歓迎だったんです。ホントに助かったし。
けど料理などに興味が出てきたんですねぇ。
手伝わせた方がよいとは頭でわかってて、
いつかはとは思ってても、ねぇ。

ハンバーグのタネをコネコネしてもらって、
当然上手くできないわけで全然混ざらないしポロリとこぼし、ハァ。
餃子の皮を並べてもらったり、タネを包んでもらうにも、ハァ。

じゃ、小麦粉入れるだけは?卵割ってみる?コーンここに乗せて~。
ポロリとこぼし、ぐしゃりとつぶし、
はぁ~~~~時間かかるぅ~~~~~

それでもめげずに(?)お手伝いするすると毎日毎日言うので
先日初めて包丁お願いしてみました。
タコとウィンナーとちくわをサイコロに切る。
まだ難易度も難しくないと思ったので
時々「猫の手!」「危ない!」と声かけ(叫び)ながら、
量もあるなか娘も根気よく頑張ってたんです。

ふと見たときに刃が左手の方を向きながら力を入れようとしてたので
咄嗟に「危ない!」と叫んだときに、
娘もビクリ!

手、切りました。

やっぱそうよね。切るよね。初めての包丁。そうよね。ごめんなさい。

たいした怪我でなかったけどジワジワ血が出て
娘も少々驚いて凹んでました。
初めて包丁で手を怪我する感覚もきっと覚えただろうと。

それから数日は包丁使うとは言ってこないですが、
変わらず「コネコネするぅ」なんて陽気に言うから
さほど気にしてない様子にもちょっと安心しました。

手首もまだ力がなくてグラついて包丁はとりあえずまだ先にして、
気長にお手伝い頑張ってもらえるように親も気長に頑張ります。
テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児
先日、幼稚園で体験教室なるものがありました。

毎年色々なことを体験するという日らしいのですが、
今年は流し素麺とクラフト2種など。

cra

選べるクラフトでは娘はリースを選択。
決まった形はなく、とにかく自由にそれぞれが作るもので、
私の手はだいぶ(ほとんど?)出しましたが、
娘がランダムに選んできたパーツ達をベースの木の枝に
グチャグチャにくっつけてもそれなりな形なるのが
妙に楽しかったりしました。

2つめのクラフトもとにかく大量の材料達から
自由すぎるほど自由に材料を取り、自由な形にみんな作ってました。
木を組み合わせておうちを作る子や、
ドングリを行列のように並べてくっつける子などなど。
我が家はというと、どうせなら使えるものがよいと私の勝手な希望で
置くタイプの表札を作りました。

娘が持ってきてくれた材料を元に、
大豆や小豆をカタカナに接着して名前を書き、
ベースの木にドングリとクルミをくっつけ、
スパンコールも沢山貼りました。

ステキな表札が出来たから飾ろうね~☆と
娘とウキウキで持ち帰りましたが、
ニスなどのコーティングされてないので
出しっぱなしに出来ないことに後で気付き、
残念ながらリースと共に玄関での飾りにすることにしました。

今回のクラフトの材料。
ドングリやクルミや豆やススキなどなどの草花や木片など、
ものすっっっごい沢山用意して下さってたんです。
花はわざわざドライフラワーにしてたり、
カラースプレーして変化を付けた猫じゃらしなどもあったし、
それを思う存分使ってクラフト出来るというのは
やはり家では出来ないことで、
もうチマチマ作業が好きな私としては最高でした(笑)

うっかり息子のおんぶ紐を忘れてしまったので
落ち着いては出来なかったので、
リベンジを込めて今から来年が楽しみです。

流し素麺も侮るなかれ、本格派。
竹を割り、ホースを延ばしてその周りを園児が囲み、
みんな器用に流れてくる麺を取ってました。

めんつゆを入れる器も自分で竹を切って作ったんです。
娘は何も言わずとも竹を両手で支えてくれて、私はノコギリ。
母は張り切って自分の分まで器を作りましたが
ふと周りを見ると大人は誰も食べてなかったので、
予備のめんつゆ入れと化したのもまた良い体験です。

さて別の日の休日、
家族でマザー牧場へ。

園から無料の入園券付きチラシを貰ってたので、
期限ギリギリに行ってみました。

前に行ったのは多分2年半ほど前だっけか・・・
ビビリの娘は動物を見てもあまり楽しそうでなく、
モルモットも触れず、親に連れ回されただけの日でしたが、
今回は違いますっ。

mather

羊にもどんどん触れます。

動物のショーも楽しく見れるし、
足下に駆け寄るアヒルにも逃げず笑顔。
ウサギも自分から手を伸ばして笑顔で抱っこ。

マザー牧場。やっぱこう楽しまなきゃね。

そうそう、子ブタレースに子供が抽選で参加するイベントがあるんですが、
娘が貰った整理券番号が呼ばれ、
レースにも楽しく参加しました。
ブタを煽って1位目指してゴールさせるってやつですが、
娘、ブタと優しく並走してましたw
私は思い切り大声で応援。
園の運動会で出せなかった大声がこんなとこで出せました(^^)

前振り話しで脱線しましたが、
せっかく行くならと、サツマイモ掘りをメインに
オープンと同時に入園したんですが、
そんな急がなくても定員に余裕全然ありでした。

なかなか深くまで伸びる芋に家族でワイワイと格闘。
大小色々でしたが、なかなか豊作でした。

息子も初めての土触りにと、
靴と砂遊び用スモック(?)持ってったんですが、
土に少々ビビリ、チラリと芋を持つ程度でした。

リベンジのマザー牧場はたっぷり楽しめました。


さてさて、更に今日。
園で10月生まれさんの誕生日会がありました。

誕生月の子の保護者も見学できるので行ってきましたが、
噂通り、なかなか盛りだくさんな1時間でした。

各クラスの子が歌のプレゼントをくれたり、
先生の出し物もあったり、
誕生日カードには写真と手形が。
更に更になぜかアンパンマンのお皿のセットのお土産まで^^;

私が後ろに座ってることにすぐに気付いた娘は
最高に照れくさい顔をしてましたが、
前に出て「10月2日生まれです」など自己紹介をはっきり大きく言えたことに
ささやかながらやはり感動もします。

帰ってからも色々と話してくれました。

さぁ、11月。また色々行事あるぞー。
テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児