FC2ブログ

もんきーの育児記録

妊娠中に書いた妊娠ブログに引き続き 育児記録も付けていこうと思います。

年長組みが始まり、
順調に楽しく通ってる娘。

ずっと仲良しのお友達とも同じクラスになれたし、
だいたいの年長さんの顔がわかるので、
人見知りの様子もないみたい。

年少さんも入ってお姉さんの気持ちも芽生えてるのか、
降園の列で手を繋いだ年少さんの荷物をもってあげるなどしてるらしく、
改めて友達にも恵まれていい子に育ってることに感謝。

ぶっちゃけ言葉が悪い子も、
おてんばわんぱく盛の子もたくさんいるけど、
影響受けず我が道をいってるのも良しかな。

年長さんでは机の向きも小学校と同じにするし、
名前表記も漢字になるし、
給食の入れ物もワンプレートではなくなるし、
お茶のお稽古も始まるので、
否が応でもしっかりしなきゃと意識するのかしら。


さて、息子はワガママ3歳期を変わらず爆進中。
やりたい気持ちはいいけれど、
姉ちゃんの邪魔&攻撃はやめてほしいし、
意欲を伸ばすという事は難しいなぁと
娘の時同様に駆け引きの手探り中。

トイトレも始めてみたけどまだまだかなぁ。
連れて行けばやる。
けど漏らしても平気。
トイレがいやでもないし、。。。練習あるのみかしら。

息子の学年の子対象の体操教室が市主催で
3ヶ月間ほど行われるのでそれに通い始めました。

残念ながらYAMAHAの曜日と重なるので、
体操教室の後でYAMAHAなんていうハードな曜日ですが、
普段ない動きも親子で出来るし、集団行動にも慣れそうだし、
友達親子と楽しく通ってます。
入園の練習にもなればいいなぁ。
スポンサーサイト



テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児
ホント早いものでもう新学期が始まります。
明日が始業式。年長さん。
成長したなぁ。。。しみじみします。

春休み中は前からちらちら話に出してるバレエの発表会!
これがやっぱ最大イベントでした。

半年間ずっと練習してて、3月は合同練習もなんどもして
やっとやっと本番を迎えれました。

体調崩さなくて良かった。

朝から付き添いでずっと準備などしてたんですが、
気合い入れすぎてたのか、空き時間が多いこと多いこと。

開場は午後3時なんだから当たり前なんですが、
もしかしたら息つく間もないくらい練習して着替えして
打ち合わせしてなのかと思ってました。

暇すぎて保護者同士ぼんやりまったり。
子供達も飽きてウロウロし出すし、
午後から集合でよくね?と何度会話に出たことか。

けど、リハして衣装着て集合写真撮ってると
親たちは徐々に緊張してきました。
子供以上にドキドキですw

娘は初メイクがど派手な舞台メイク。

瞼と涙袋に太い黒線が通り、
アイライナーも極太どころじゃない太さ。
シャドウもチークも濃いめで、みんなで大爆笑でした。
ついつい何度も見てはツボ。
そのうち見慣れたけど、全員写真で保存もバッチリw

大阪から義父母もやってきて、
2度目があるかどうかの娘のバレエ発表会。
それなりの形に仕上がってみんな可愛い可愛い。
母達はこっそり覗いて涙涙。
無事にみんなで鑑賞出来ました。

娘自身は一つの出来事を片付けたという飄々とした感じですが、
そんな調子でもそれなりに頑張って成果も出すなら良し。
この日ばかりは娘に大喝采。

ご褒美のしゃぶしゃぶも食べ、娘もウハウハな日でした。


で、さかのぼって3月末。
友達と工場見学に出かける日だったんですが、
その日の朝、息子の様子がちょっと違う。
熱を測ると・・・熱あるぅぅーーー

1ヶ月も前から予約して楽しみにしてた工場見学だったので、
えぇい、抱っこして見学して大人しくしてればいいやと思い、強引に出発。

見学中はホカホカした息子を抱っこしながら内心ヤバイなぁと
思い続けてはいたんですが、
笑ったりもして機嫌は悪くない。

そんなこんなで見学も無事終わり、
調子が良くないことは伝えていた友達に
ウチだけ先に失礼するからどうかみんなはランチに行ってねと
話をしながら子供達が遊んでる最中、
息子が熱性痙攣起こしまして。

白目向いて唇真っ青。

いやいやいやいや!??
えぇぇ???ちょっと!!

気絶して息止まってるように見えて
ほっぺ叩いて名前を呼んでるとグググと唇の色が戻って
意識が回復。

生きてるよね!けどやばーーーーい

友達も慌てて救急車を呼んでくれて、
工場見学の職員さんも駆けつけてあれよあれよで救急車到着。

今は意識は戻って息はしてるからOK。
とにかくプロに早く状況を説明して引き継ぎたい一心で
救急隊員の質問に的確に答え、
娘は友達に連れて帰って貰うことにして救急車に乗りました。

こんなことになるとは思ってなかった甘さと
浮かれて楽しんでた自分に反省。
初救急車かぁ・・・と意味不明に凹みました。

息子は車内ではウツロウツロしながらも心拍も安定し、
命に関わる様子ではないとのことで、家の方向の病院に
救急車も向かってくれました。

熱は40度。
アァ・・・ゴメン。
採血で力ないながらも泣く息子。
アァ~~ゴメン。

夫に連絡すると、夜遅くなる予定だった日にもかかわらず
即行でタクシーで病院に駆けつけてきて、
一言も責めてこない素早い夫を見てまた私は凹みました。

ひとしきり反省してたんですが、
息子が重症にもならず痙攣止めの薬だけですぐ帰宅できたことが救いでした。

一緒にいた友達に状況を連絡しお礼を言ってると
あまりに冷静に見えた私が不思議だったと。

娘やその他みんなを動揺させないように、自分が慌てたらあかんという思いで、
冷静ではなかったけどうろたえはしなかったのは確かに自分でも不思議。

けどもうあんなことは勘弁。

熱は一晩でほぼ下がり、
数日するとすっかり元気になった息子をみて
あれだけ反省したのはさておき元通り怒鳴ってるのも不思議w

そんなドタバタしてた時期と義父母の訪問が重なってたんです。
病院に集中したいという気持ちと、
そろそろ義父母が帰ってくるから夕飯どうしようと、
煩わしさ大爆発でした。
タイミングが悪いだけだけど、1週間も来るんじゃねぇよ!と
変なポイントに八つ当たりです。
まぁ、義父母がいたから娘も家に籠もりっきりにならずお出かけできたんですが。

ちなみにスカイツリーに登るなんて贅沢を3人でしてきたみたいです。
ホントはみんなで見に行くだけ行こうねってだけだったのに、
まぁたまたま3人になっちゃったし、こんなご褒美もあっていいよね。
テーマ:二人の成長&育児 - ジャンル:育児